KENWOOD  - FAQ(よくあるご質問)-
KENWOOD

無線通信製品
オーディオ
カーエレクトロニクス
ポータブル電源
My-Kenwood


  Q&A番号:96101
TS-990S/D に附属装置(PC)を接続して FT8、FT4、JT65、RTTY、PSK31、SSTV などのデータ通信をおこなう場合、免許手続きはどのようにすればよいのですか?

無線機の改造をせず、無線機前面のMICコネクター、または無線機背面のACC2コネクターやUSBコネクターに附属装置(PC)を接続してデータ通信をおこなう場合は、以下のように手続きをしてください。



■F1D (FT8, FT4, JT65)、F1B (RTTY)、G1B (PSK31)、F3F (SSTV)、G1D (デジタルSSTV) のような 各周波数帯の一括記載コード(3HA, 4HAなど)に含まれている電波型式でデータ通信をおこなう場合は、以下の 1) または 2) のように手続きをおこないます。(2020年4月21日より施行された、従来よりも簡略化された手続きです。)

1)すでに免許を受けている無線局の場合
「無線局事項書及び工事設計書」の「15 備考」の欄に「デジタルモードのため附属装置(PC)を接続」のように記入し、直接管轄の総合通信局に変更の届出をおこないます。

工事設計書欄への電波型式の追記や、送信機系統図と附属装置による各データ通信の諸元の添付は必要ありません。
JARL などのウェブサイトや 通信用ソフトウェアに関連するドキュメント などで諸元が一般的に公開されており、秘匿性が無いことが確認されているものが対象です。

2)無線局を新たに開設する場合
いったん無線機単体(附属装置なし)で適合表示無線設備として直接管轄の総合通信局に開局の申請をして免許を受けた後、上記 1) のように直接管轄の総合通信局に変更の届け出をおこないます。

※各周波数帯ごとの使用区別にしたがって、データ通信の運用をおこなってください。



■参考
[保証が必要な場合の記載例]

無線局の開設と同時にデータ通信のための附属装置を追加する場合や、G7W (FreeDVなど)のような一括記載コードに含まれていない電波型式を追加してデータ通信をおこなう場合は、保証が必要になります。「無線局事項書及び工事設計書」の「16 工事設計書」の中の該当する送信機の各欄に、データ通信で使用する電波型式も含めてすべて記入し、送信機系統図と附属装置によるデータ通信の諸元を添付して保証業務実施者(JARDまたはTSS)の保証を受けて申請してください。

・無線機に付属の送信機系統図を使用される場合は、申請の内容に応じて送信機系統図を変更してください。

・無線機内部の記載を簡略化した送信機系統図を作成される場合は、下記の記載例のように、無線機に付属の送信機系統図に基づき、マイクロホンからの入力と附属装置からの入力との関係、および低周波の変調によるデータ通信であることが具体的にわかるように記載してください。
 

●送信機系統図の記載例 (無線機背面のUSBコネクターにPCを接続する場合)

 (諸元の内容につきましては、データ通信用ソフトウェアの仕様などをご確認の上記載してください。)
 

機種名

 工事設計認証番号
 (技適番号)

TS-990S

 002KN624

TS-990D

 002KN625


 ・申請につきましては、必要に応じて申請先にご確認ください。


 

 

はい
はい
どちらでもない
どちらでもない
いいえ
いいえ
【対象型名】
TS-990S TS-990D
関連するコンテンツ
TS-590SG/DG/VG, TS-590S/D/V のUSBオーディオ機能を...
TS-590SG/DG/VG や TS-590S/D/V に附属装置(PC)を接...